スタッフブログ

お色直しの起源【郡山市の結婚式場 KIOKUNOMORI】

2018/01/14

お色直しの起源

 

 

お色直しの起源は奈良時代にさかのぼります。
当時は結婚して三日間は白無垢を着続け、四日目に色打ち掛けを着るのが習慣でした。
そうしてやっと相手の家に染まった、家族として受け入れられたという意味が有るのです。

 

 

その慣習が簡略化され、披露宴の途中で衣装を変えるようになったのが現代のお色直しです。

現在では純白のドレスからカラードレスに着替えることもお色直しと言われています。
一般的には花嫁がいろんな衣装を着るものと思われていますが、実はこんなに深い意味があったんですね。

 


結婚式には色々なセレモニーがありますが、全てに意味があるんです。
その意味を知ることは、当日のお二人の気持ちをより一層高め
より深い喜びに繋がりますね。

これどんな意味?
なんて少しでも気になったら、お気軽にご質問ください。

 

ブライダルフェアの予約はこちらから→ 【フェアに参加する】

 

~With Wedding

郡山市で”自由”で”お洒落”な結婚式 おふたりと作る唯一無二のウエディング ~

 

facebook  Instagram  Twitter も更新中!ぜひご覧ください♪~

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■

KIOKUNOMORI(記憶の森)

郡山市山崎305-10

TEL: 0120-412-248

MAIL: kiokunomori@cocolonet.jp

【1日2組様限定 貸切ウエディング】

【最大182名収容の大邸宅 ゲストハウス】

【五百淵公園隣接の抜群のロケーション】

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■